ケイ素

ヨモギ餅はなぜ春に食べるのか?

四季がはっきりしている日本では、それぞれの四季の変わり目に色々な行事が昔から執り行われます。

年が明けてお正月すぐには「七草粥」、春になると「春の七草」秋になると「秋の七草」。その中でも春には「桃の節句」と「端午の節句」が有名ですね。

そしてそのどちらにも用いられるのがヨモギを使ったヨモギ餅です。

ヨモギは山の山道や藪に力強く生殖しています。そして昔からそのヨモギを摘んで生のまますり潰し、餅や団子に入れられていました。

またヨモギの葉っぱを乾燥させて、料理の味わいにも用いられていました。

ヨモギの葉や茎の軟質部を溶出し乾燥させたものが、お灸などのモグサとして治療に使われてきました。

ヨモギを乾燥させた固形物をX線顕微鏡で成分分析してみる、そこにはケイ素が多くあります。(下図参照)

これらは漢方の薬効成分として、漢方薬に必須とされていました。

さらにその葉っぱや茎からの搾り液を位相差顕微鏡(光線の位相差をコントラストに変換して観察できる光学顕微鏡のこと)で観察すると、そこにはソマチッドが多量に存在していることがわかりました。

冬の寒い間は地中の根や土壌にケイ素の殻をかぶって眠っていた植物性ソマチッドは、春になると種の保存の本能か、一気にその活動を発祥させてきます。

ソマチッドは動物・植物・バクテリアなど全ての地球生命体の中に存在します。

ヨモギにも、私たち人間の細胞活性化と健康増進の働きがあることを、なぜか昔の人はよく知っていたのですね。

これぞまさしく温故知新ですね(^^)


関連記事

  1. ケイ素

    お茶の色はどうして濃くなるのか?

    最近水溶性ケイ素テラシリカを愛用し始めた方から、以下の質問を貰いました…

  2. ケイ素

    生命発生から人類と常に関わってきたケイ素

    石器時代、人類が最初に道具として使ったのが「石」でした。その道…

  3. 日常

    万能掃除クリーナーとして

    テラシリカはお掃除、洗濯などにもその効果を発揮します。水溶性ケ…

  4. ケイ素

    ケイ素は人類の母

    オリンピックなどの世界舞台で素晴らしい結果を出す選手がいます。そういう…

  5. ケイ素

    ケイ素、シリカ、シリコン、の呼び名の違い

    ケイ素、シリカ、シリコン、の呼び名の違いを教えて下さい。とのご質問を頂…

  6. 日常

    水溶性ケイ素を、サラダドレッシングに?

    水溶性ケイ素の活用法は多く、購入した愛用者の方々から、教えて頂いた事も…

  1. 健康

    体内でケイ素が必要な部位
  2. 健康

    夏場の腋臭(わきが)体臭対策に
  3. 日常

    水溶性ケイ素を使った野菜の復活実験
  4. ケイ素

    お茶の色はどうして濃くなるのか?
  5. テラシリカブランド

    水溶性ケイ素を使ったあるお母さんの実験
PAGE TOP