ケイ素

ヨモギ餅はなぜ春に食べるのか?

四季がはっきりしている日本では、それぞれの四季の変わり目に色々な行事が昔から執り行われます。

年が明けてお正月すぐには「七草粥」、春になると「春の七草」秋になると「秋の七草」。その中でも春には「桃の節句」と「端午の節句」が有名ですね。

そしてそのどちらにも用いられるのがヨモギを使ったヨモギ餅です。

ヨモギは山の山道や藪に力強く生殖しています。そして昔からそのヨモギを摘んで生のまますり潰し、餅や団子に入れられていました。

またヨモギの葉っぱを乾燥させて、料理の味わいにも用いられていました。

ヨモギの葉や茎の軟質部を溶出し乾燥させたものが、お灸などのモグサとして治療に使われてきました。

ヨモギを乾燥させた固形物をX線顕微鏡で成分分析してみる、そこにはケイ素が多くあります。(下図参照)

これらは漢方の薬効成分として、漢方薬に必須とされていました。

さらにその葉っぱや茎からの搾り液を位相差顕微鏡(光線の位相差をコントラストに変換して観察できる光学顕微鏡のこと)で観察すると、そこにはソマチッドが多量に存在していることがわかりました。

冬の寒い間は地中の根や土壌にケイ素の殻をかぶって眠っていた植物性ソマチッドは、春になると種の保存の本能か、一気にその活動を発祥させてきます。

ソマチッドは動物・植物・バクテリアなど全ての地球生命体の中に存在します。

ヨモギにも、私たち人間の細胞活性化と健康増進の働きがあることを、なぜか昔の人はよく知っていたのですね。

これぞまさしく温故知新ですね(^^)


関連記事

  1. ケイ素

    山野井昇先生著ケイ素シリーズ第2弾「ケイ素の力」発売

    山野井先生の前作「ケイ素でキレイになる!」が爆発的に売れたことにより、…

  2. ケイ素

    癌解明のカギはミトコンドリアにあった

    前回の記事で生命発祥の起源はシアノバクテリアであり、シアノバクテリアが…

  3. ケイ素

    ケイ素の効果を体感出来る爪の伸び方

    珪素、水溶性ケイ素がいくら体によいと言われても飲んで即体感出来ない人も…

  4. 日常

    煮物料理には欠かせない水溶性ケイ素

    水溶性ケイ素は、お料理にも大活躍してくれます。水溶性ケイ素は野…

  5. ケイ素

    細胞同士はダイレクトに情報交換をしている

    今NHKスペシャルで「シリーズ人体・神秘の巨大ネットワーク」という番組…

  6. 日常

    僕の水溶性ケイ素体験記

    僕がケイ素というものを知って、本格的に飲み始めた時期が2007年です。…

お勧め記事

  1. 健康

    体内でケイ素が必要な部位
  2. 健康

    自分で知る骨密度とその方法
  3. ケイ素

    細胞同士はダイレクトに情報交換をしている
  4. 日常

    僕の水溶性ケイ素体験記
  5. ケイ素

    山野井昇先生著ケイ素シリーズ第2弾「ケイ素の力」発売
PAGE TOP