精神性

僕がケイ素フリークになった理由

インターネットでケイ素やら水溶性ケイ素を調べていると時折「怪しい」とか「効かない」とか「発癌性」などのネガティブな書き込みも見かけます。

が、気持ちはわかります。

だって僕も最初は相当そう思ってましたから。

劇的な人の効果を目の当たりにしても「それはきっと覚せい剤的な成分が入っているのでその為かも・・・」とか思っていたくらいです。

不審がる人の気持ちもよくわかりますよ。

でもそういう懐疑的な気持ちがある時は、絶対水溶性ケイ素の商品を買ったり使ったりしないことですね。

疑う気持ちで飲んだり使っても効果が現れないからです。

それはケイ素に限らずどんなモノでもそうだと思います。人間もモノもすべてのものに波動というものがあり、その波動が共鳴・共振しないと何事も良い結果は生まれない、と僕は信じているからです。

特に水溶性ケイ素は水晶という波動の高いものから出来ていますので、疑うというマイナス的な波動を以てしては全然同調しないと僕は思うのですね。

だから僕は懐疑的な人には、絶対ケイ素を薦めたりしません。

ターニングポイントは目に見えない世界だった

僕がそんな懐疑的な思いからなぜ水溶性ケイ素という商品を信じるようになったのかを、参考になる人もいるかもしれませんので書こうと思います。

その理由はとても神秘的なことでした。

僕は二十代の頃から瞑想をしてました。

人間の精神的なこと、つまりスピリチャル的なことにも興味があり「潜在能力の開発」や「輪廻転生」なる事を自分なりに学んでいました。

人に勧められ水溶性ケイ素をまだ飲むことなく飲んでいた頃、毎日の習慣としている瞑想時にフト水溶性ケイ素が目に留まりました。その時何気に「お前たちは何にそんなにいいんだ、答えてみろ」と呟きました。

そして眠りにつき、翌朝目覚めました。まだ目覚めてまどろんでいるとき突如頭の中で「ケイ素はインターネット」という言葉が浮かびました。

確かに「ケイ素はインターネット」と聞こえたというか、直観が浮かんだというか、そういうフレーズが”来た”のです。

はて「ケイ素はインターネット」とは如何に?

当時の僕はそのフレーズの意味する処が全然分かりませんでした。

ケイ素は松果体を活性させる

水溶性ケイ素を使っているというある女性から「ケイ素は瞑想にいい」という事を聞きました。

僕も長年瞑想をしていたので、その彼女の言葉がとても気になってなぜケイ素が瞑想にいいのか、という事を彼女に聞きました。

その女性は愛知県の人で、自分は瞑想を習っており、自分の瞑想の先生が瞑想にはケイ素がよいと教えて貰いました。だから私はこの水溶性ケイ素を飲んでいます、と僕に教えてくれました。

瞑想にはケイ素がよい。

その理由を聞くと脳内には「松果体」という部位があり、その松果体は珪素と炭酸カルシムで出来ている。

松果体というのは古代人は宇宙からのメッセージを受信するアンテナと考えられていた部位である。

そして松果体を活性することで、直観やインスピレーション能力が高まるという。現代人は昔の人に比べて、この松果体が十分の一程に退化しているともいう。

松果体からは精神を安定させるメラトニンというホルモンが分泌している。おそらく瞑想に良いというのは瞑想の鎮静作用の働きをより誘発し、瞑想を深める為かも知れない。

その後僕はこの松果体というキーワードから、ケイ素と精神性の関係を独自に調べて学んでいきました。

ケイ素とインターネットの関係

松果体とケイ素の関係を調べていく中で、以前瞑想中に沸いてきた「ケイ素はインターネット」というフレーズを思い出した。

ケイ素というものをあまり知らなかった頃だったので、この「ケイ素がインターネット」という言葉をまず自分で思いつくということはけっしてない。

僕の思考する処にない言葉が浮かぶ、ということはまさしくこのフレーズは僕以外の所から「やってきた」という事でしか考えられない。

僕はこの「ケイ素はインターネット」というフレーズがとても気になったのでインターネットで調べまくりました。

そうすると、ついにその意味がわかりました。

実はケイ素はインターネットの重要な部分に使われているのです。
パソコンを動かす一番重要な「半導体」がケイ素なわけです。

ケイ素の特徴として電気を通したり通さなかったりする二極性を持ち合わせています。パソコンはその電気のON、OFFにより二進法で動作します。

ケイ素は英語で「シリコン」と言います。

アメリカでIT企業が集まるインターネットの聖地のような地域を「シリコンバレー」と言います。

そのシリコンこそ、ケイ素という意味なのです。

珪素瞑想で意図的にインスピレーションを受ける

以前より水溶性ケイ素を使った人の声で「引き籠りの子供がよくなった」とか「登校拒否だった子供が学校に行くようになった」とか「くよくよしなくなった」みたいな感想がありました。

サプリメントでそんな精神に作用するなんて事はない。と当初思っていたのですが、このケイ素と松果体の関係から、そういう事もケイ素は引き起こすのかも知れないと思うようになりました。

屋久島で自適熟なるものをされている磯部自適さんがされている講演会にも行き、自適さんからも松果体について学びました。

▼自適さんが珪素について綴っているブログ▼

「ケイ素はインターネット」

このフレーズはどう考えてもケイ素自信が、僕の思考の中へダイレクトに訴えて来たメッセージではないかと考えるようになりました。

ケイ素にも意識はある。

その後いよのいし氏というニュートリノゼロ点生滅理論を打ち立てた方の書籍の中から「宇宙と珪素と精神」の関係性を学びました。
そのような学びの中から、ケイ素は人間の精神性の向上に絶対に役立つという確信が出来ました。

そして自分でも意図的にインスピレーションを誘発する「珪素瞑想」なるものを考案し今では自ら日々の瞑想に取り入れています。

未知なるケイ素

昨年ケイ素が抗がん剤としての特許を取得しました。東京の企業が長年掛かって取得したものです。

これでケイ素が癌の移転を阻止する証明が出来たという事です。

でもケイ素に関してはまだまだ未知なる領域が残されています。人間の智慧がまだケイ素に追いついていない、というのが現状です。
ケイ素以外でも私たちはその実態を証明されていないけど、実用されて使っているものはたくさんあります。

重要なのは化学的に証明されているのかいないのか、という事よりも自分で試してみて自分の判断で良し悪しを決めるという事が大事だと思います。

ケイ素を知らなくても人生最後まで生きていけます。

でも僕の経験でケイ素を人生に取り入れる方が、人生をよりよく出来るものだとこれまでの経験で思っています。

それを縁あって、必要な人にケイ素を伝えることが出来ればという想いでこのブログは綴っています。。。

関連記事

  1. ケイ素

    細胞同士はダイレクトに情報交換をしている

    今NHKスペシャルで「シリーズ人体・神秘の巨大ネットワーク」という番組…

お勧め記事

  1. 健康

    恒常性維持機能(ホメオスタシス)
  2. 健康

    体内でケイ素が必要な部位
  3. ケイ素

    ヨモギ餅はなぜ春に食べるのか?
  4. 精神性

    僕がケイ素フリークになった理由
  5. 健康

    水溶性ケイ素が母親の命を救ってくれるから
PAGE TOP