珪素は純粋という心から生まれている

僕がケイ素というものを伝えていく中で健康や美容という分りやすい部分を主にお伝えしているわけですが、本当に伝えていきたい部分はケイ素が持つ精神性です。

物質が持つ精神性とは「?」と思われるかもしれませんが、ケイ素と付き合う10年間で僕が実体験として発見した要素です。

ケイ素は「意志」を持っています。

そういうケイ素の精神性にアプローチされた方に、ニュートリノゼロ点生滅理論を唱えているいよのいし氏がおられます。

同氏の幻の著書としてある「いのちのことば」には、そのケイ素の精神性からケイ素と宇宙の関りのことが、いよのいし氏独特の観点で書かれています。

僕のケイ素に関するバイブル書でもあります。

「珪素は純粋という心から生まれている」という一節がありますので、抜粋してご紹介します。

≪いのちのことば・いよのいし著より≫

11.宇宙は言葉で働く「絶対の法則」となっていると

水は105°の角度ですが、それでは108°の純粋な絶対の法則の五角形、つまり光の意識の法則といえる神の意識の遺伝子はどの元素に組み込まれているかというと、それは珪素(Si)に組み込まれています。

珪素の構造に五角形原理が入っています。

珪素は、今日電子頭脳としてあらゆる電気製品に使用されていますが、それは珪素の性質、法則通りに変化するという性質からです。

純粋珪素の純粋は、混じり気のない事、欲や駆け引きのない事を意味します。これが大切な言葉の意味となっています。

宇宙の研究の神の姿は、『純粋=欲や駆け引きのない事』

この姿から、この世は作れているのです。

つまり「清く、正しく、美しく」という姿です。

という事は、この純粋な心が崩れると、宇宙の法則に伴い、形も崩れる事になります。

珪素は細胞膜となっていますので、欲や駆け引きの心があると、体内細胞も崩れ、やがて病気となります。でも、ご心配なく。珪素は蘇生します。純粋な心になれば、元に戻るからです。

それでは、なぜ崩れるのかと言いますと、法則つまり基準が崩れるからです。支えとなる柱が崩れます。家も同様です。柱が崩れると、家も崩れ一家の長(柱)が崩れると家庭も崩れます。

全ての崩壊の始まりは、我が身の欲や駆け引きの心からくるのです。

珪素は純粋という心から生まれている
西洋哲学=純粋理性 ➡ 物事を正しく判断する能力
欲や駆け引きの心は理性に欠けている事

つまり、珪素は純粋という心から作られているのです。

これを西洋哲学では、純粋理性と言い、物事を正しく判断する能力の事です。欲や駆け引きの心は、理性が欠けている時に起こります。

そこで、これからその理性を取り戻す判断の基準について考えてみます。

これは、自分の為、他者の為でもあり、地球の為、宇宙の為にも成るものです。

つまり心のコンパスの形です。

  

関連記事

  1. ケイ素は体内では作られない

  2. ケイ素は文明の進化と引き換えに失った遺産

  3. テラシリカは言わば、液体水晶のことです

  4. 長寿で有名なフンザ村の水の秘密、それはシリカ

  5. ケイ素は人類の母

  6. 生命発生から人類と常に関わってきたケイ素

  7. ケイ素の漢字に秘められた古代の意味

  8. 水溶性ケイ素は当初軍事目的から発明された

全国販売店紹介

ご訪問ありがとうございます♪

  • 52現在の記事:
  • 7今日の訪問者数:
  • 8今日の閲覧数:
  • 133昨日の訪問者数:
  • 179昨日の閲覧数:
  • 2297月別訪問者数:
  • 17310総訪問者数:
  • 28263総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:
  • 2016年5月24日2016.5.25: